転職は個人の仕事の考え方による部分が多いですが将来の年金の受給でも困ることになります。年金は保険ですので個人が掛け続けないと資金がありません。その資金を作るために企業で仕事をして資金を作っていると考えなければなりませんが若い時は、その事の意味を把握している人が少ない事です。

企業で仕事をしていませんので個人の目標が亡くなり、その日だけでも危うい人が居るために生活が日ごとに苦しくなり保険を掛ける事ができなくなってしまいます。その危険な綱渡りの生活を望んでいる人が多いという事です。

景気の良い時はアルバイト的な仕事でも生活はできますが不景気になりますと雇用する会社が少なくなりますので生活自体が難しくなります。そのような危険性がありますので理解している人は、そのような働き方をしません。

今年は賃上げの年になりましたので仕事をしている人にとっては有難い年になります。現在、仕事をしていない人にとっては無関係の話になりますが、その事が将来の年金に大きな差になることです。

年金は毎月支払われる給料から保険の支払いをしていますが給料の受取額が少ないと、それに比例して年金額が決まります。年金は65歳になれば受け取る事が出来ますが、ある一定期間の保険料を納めていないと受け取れなくなっています。その60歳過ぎに考え直しても、どうにもならない事になります。

現代はインターネット等を使用して個人の年金受給額が判るようになっていますが高齢では間に合わない事になります。